大型犬用ハーネスの種類について

しつけ
この記事は最終更新から3年以上経過しています。内容が古くなっている可能性があります。

ハーネスとは

ワンちゃん用のハーネスには様々な種類があり、さらに小型犬用から大型犬用までサイズも様々なものがあります。
ハーネスは首輪を使用してリードするのではないため、ワンちゃんが苦しそうに息をすることはありません。喉や首、気管が弱ってきているワンちゃんにも良く、さらにまだ十分にしつけられていないワンちゃんのしつけ用としても使用することができます。

ハーネスの種類について

ハーネスの場合、ベルトタイプベストタイプソフトタイプなど3種類の形状のものがあり、ベルトハーネスはベルトのようなもので体を固定するようになります。
そのためベルトをとめる位置を調節できるメリットがあるので、ワンちゃんが成長してきたとしても使用することが可能です。
ベストタイプはハーネスの形状がベストのようになっており、お腹をサポートするような形で固定をします。
ソフトはクッション性の素材が用いられており、より体を柔らかく包むことができます。犬の特性によって使い分けても良いですが、散歩中に勢いよく歩き出すタイプの犬にはソフトハーネスを用いて、急激な食い込みをなくすことが大切になります。

大型犬にはどのタイプのハーネスがいいの?

大型犬はゴールデンレトリーバーやラブラドールレトリバーなどが有名ですが、これらの犬は急激に歩き出すことは少ない物の、力が強いため引っ張られてしまう可能性が高くなります。そのため大型犬の場合は引っ張り防止機能がついているものが適しており、ソフトタイプのものを選ぶと犬への負担を軽減することができます。アウトドアに大型犬を連れていく場合は掃除がしやすく、耐久性に優れたものが良いのでベストタイプを選択するようにします。

ハーネスで人気なのはファッション性?機能性?

アマゾンなどの通販会社では数多くの大型犬用ハーネスが販売されており、様々なタイプから選択できるようになっています。アマゾンなどのサイトで人気なのは、犬に負担をかけないもの、機能性や耐久性に優れているものであり、ファッション性はあまり重視されていません。

大型犬の場合、小型犬よりも引っ張る力が強いので布地にリードが付いているようなタイプは、洗濯をしたらよれよれになってしまう、またはリードが外れてしまうなどのことが生じることもあり、生地の素材にも注目することが大切です。
耐久性に優れているのはデニール数の高いナイロン製かポリエステル製となります。なお様々な金具がついているものもありますが、細いプラスチック製の金具は犬がかじることもあり、すぐに壊れてしまいます。プラスチックの強度や造りもしっかりと確認することが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました